■バイナリーオプションとFXの違い

どちらも外国為替市場の為替レートの動きを利用した取引です。
例えば、1ドルが、100円の米ドルと円の為替レートが、
1ドル105円になれば利益(または損失)となって、
1ドル=95円になれば損失(または利益)になると予想して
ポジションを購入するという点も同様じです。


■取引期間

FXの場合、取り引きを始めてから終了するまでほんの数分間などという
短時間の取り引きも可能です。
さらに、数ヶ月という長期取引を行うことも可能です。

バイナリーオプションの場合は、
業者によって異なるものの、長い場合でも24時間以内に
終了することが多いです。

バイナリーオプションでは、
30秒、60秒、15分、30分、1時間・・・
などと短い時間の取引が主体になりますので
短期間の取り引きを望む人には
FXよりもバイナリーオプションの方をお勧めします。


■利益と損失

FXは、リターンとかリスクをレバレッジを利用しながら自分で調整できます。

バイナリーオプションは、ペイアウト倍率があからじめ決まっていて、
掛金に応じた利益額もスタート前から分かっています。

さらに、バイナリーオプションは、
仮に損失が出た場合には、掛金だけが損失となるだけですので
ローリスク・ローリターンの取引となります。

もちろん私がお伝えする方法をマスターいただければ、
ローリスク・ハイリターンをご体験いただけるでしょう。
それは、ここに一部をご紹介の実績をご覧くださればご理解いただけるものと思います。


仮に1,000円でエントリーして負けた場合は、1,000円だけの損失です。
勝った場合は、業者のペイアウト倍率によって異なりますが、
1.8倍のペイアウト倍率の場合は、1,800円のペイアウトですから、
800円の利益となります。


■リスク

FXは、自分でかけたレバレッジによって、
予想が的中すれば、利益額が増えます。
しかし、予想が外れた場合は、
レバレッジを掛けた分、ひじょうに大きな損失が出てしまいます。

そのことから、FXは、
自己資金を大きく上回る多額の損失を抱える可能性があります。
悪くすれば、家も土地も無くし、
家庭崩壊の危険さえ否定できません。

その点、バイナリーオプションは、
レバレッジという仕組みがありませんので、
損失が出たとしても、最初の掛金がそのまま損失になるだけのことです。
極めてリスク管理が有利となります。


■経済の影響

FXは、取り引き開始時点の価格よりも
どれぐらい価格が変動したのか、
その変動の幅によって、利益や損失の金額が決定しますので、
景気動向に左右される性質が大となります。

他方、バイナリーオプションは、
たとえば、30分エントリーで取引したならば、
現在の価格よりも、30分後の価格が上がっているのか下がっているのか、
2つに1つの選択結果によって利益や損失が確定しますので
価格の変動差から利益を算出するものではありません。

したがって価格変動の幅は、無関係ですから、
景気に左右されることは、全くない取引となります。

経済新聞で情報を得る必要も無く、
いつでも気軽に投資を楽しむことができるのです。
スポンサーサイト